住宅設備屋 水道屋さん
蛇口の交換〜リフォームまで御相談、お気軽に!
住宅設備・蛇口交換、トイレ、換気扇、キッチンなど水まわりに関することなら御相談ください。
350_telephone.jpg

2014年12月22日

ダイニングキッチンまわり・リフォームでの床の下地補強や補修について

大工、佐藤リフォーム1@五反田.JPG
写真: 手際よくキッチンの床補修作業をする大工の佐藤 (品川区内 リフォーム中の現場 於)

大工暦40年のベテラン佐藤は品川区内において某リフォーム現場の時に床の補修、特にキッチンまわりについて話ししていた。「最近のリフォームの現場に行くと大工仕事はたくさんあるが、どうも下地というか補強のところがしっかりしてない物件もあるように思う。それは手抜きということではなくて、新築の際に"それで良し"と思っても近頃は昔に比べて床がミシミシというほどの重たい食器棚などは無いが水まわりに関してはキッチンも洗濯機も冷蔵庫も重さは変わってないのではないか。だからこそリフォームの時には床を開口したならばCF(クッションフロア)にするにもフローリング材にするのにも徹底的に下地補強はすべきだ。」と語る。

大工、佐藤リフォーム2@五反田.JPG
さらに佐藤は「床の場合、今、みんなインターネットで検索してリフォーム費用を調べていると思うけど、大工仕事ていうのは、やはり営業担当(数字も分かり尚且つ、現場が分かる人)が現場調査をしてみてそれから作業の効率を考えて消費者に見積を提出するのが消費者としては一番ベストだと思う。ようするに現場を分かっている人が現場調査するからこそ見積の提出から間違いがないわけですよ。インターネットだけだと概算は分かるかもしれないが、後で思っていた金額と違っていたというケースが多いと思うよ。」

350_大工、佐藤リフォーム3@五反田.jpg
佐藤はこの日、この時、ベテラン40年の経験で熱弁した。「稀にお客様から聞くケースだと"インターネットショッピングで商品と工事費用で判断して依頼したが、実際には違うケースもあった。"ということですよ。床の平米と使う素材で大抵の相場というのは決まっているのが、使う素材や現場によって異なるのですから。あとは最近思うことは若い職人達が減っていると思うからリフォーム業界というのは今は特に若い大工が少ないと思うよ。需要があるが供給が間に合わないという時がある。あとトラブルに関してはよく最近だとデザインリフォームという観点で間切りから使い勝手から建築士さんが設計するのでありますが、この打ち合わせが上手くいかないと後で"違っていた"というケースも稀に有り、最初からやり直しというケースもある。するとオーナーとしては早く部屋をリフォームして貸したいが肝心なお部屋がオーナーの意向と違うとなった場合には施工する人も二度手間、三度手間になることもあるし、その辺の打ち合わせというのは人間だから、仕事だから時には失敗もあると思うが消費者とリフォーム業者の信頼関係も含めてリフォームの場合は良いお部屋が出来上がると思うよ。

350_大工、佐藤リフォーム4@五反田.jpg

またそういうお部屋というのは愛情があるから入居者にも優しい感じがするし、出したらすぐに入居者が決まるというのを観てきたよ。また中古マンションを購入した際に自分達が住む部屋というのもそれはそれで施主様は自分が描く理想のお部屋になるわけだから、特に床というの点でいうとやはり水まわりというのはキッチリと下地の補強は手は抜けませんよ。この下地補強を甘くみると地震とかも最近は多いし、床がミシミシと地震があったと後とかには物件によってはあると思う。だから、インターネット検索で業者を探すというのものオーナー様の苦労というのは分かるが時には施主様にとって"良い"または"悪い"というのは特に賃貸の場合だと入居者に反響するからこそ下地補強というのは口うるさく言うけど徹底的にするように施工をさせていただいております。」と熱弁を振るい語った。



posted by 水まわり専門スタッフ at 22:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

大田区 ガス給湯器本体は外から入ることしか出来ないベランダに設置

IMG_1746.jpg
大田区のT様から15年目使用のガス給湯器の交換工事御依頼でございました。お湯が出なくなったということではなくて、台所で使用している蛇口からお湯の温度が数分経っても36度、37度から上になかなかいかない、熱いお湯が出ずらくなったとの現象が続いているということで"使用15年目"ということで交換ということになりました。ガス給湯器本体は外から入ることしか出来ないベランダに設置してあり高所での設備工事になりました。総額(商品+工事費用ほうですが以下の内容で20万円以下(専門価格)
でございました。

IMG_1746_2.jpg

IMG_1749.jpg
既設の15年目使用のガス給湯器を取り外すところ

IMG_1751.jpg
やっと一人は入れるスペースでの狭いスペース + 高所作業

IMG_1753.jpg
新しいガス給湯器(Rinnai RUX-A1611W-E)を配管をして取付けたところ。

IMG_1754.jpg
増設用のリモコンをシャワールームに取付けたところ。
(通常はキッチンだけというケースですが、シャワールームと兼用で給湯していました。)

IMG_1758.jpg
ガス給湯器を取付したのでキッチンの蛇口でお湯の温度のテスト運転中。問題なく作動しました。

IMG_1759.jpg
お湯というと大抵ですが、リモコンを新しく取付けたときには42度に設定してありますので、まずはその42度で運転テストをしました。また60度くらいに上げて温度がしっかりと上がるかどうかという試験運転を繰り返して引き渡しさせていただきました。

RUX-A1611W-E + マルチリモコン MBC45-33(台所・シャワールーム) + 工事費用(処分代、諸経費込) + 高所作業費 =17万円程度

作業時間: 4時間程度
作業人数: 2名

当店はガス給湯器の交換時費用は一律です!商品 + 工事費用で御提案しております。





















ラベル:リンナイ Rinnai
posted by 水まわり専門スタッフ at 20:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 給湯器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

ガス給湯器 Rinnai RUF-HV82SA-Eで浴室リフォーム!

杉並区のN様よりの御依頼でございました。バランス釜式風呂を撤去し『広々した追い炊き式のお風呂(浴槽)にリフォームして欲しい。』とのことでございました。賃貸者とオーナー様(所有者)が協議しリフォームすることになりました。このリフォームに関しては1年くらい前にご相談をいただき、約1年後にリフォームするという方向になりました。総額リフォーム費用のほうですが、商品+工事費用で30万円代(中間業者を通さずに直接依頼する専門価格と思っていただきたいです!余計な中間マージンをカット実現です!)でさせていただきました。工事詳細は記事下部に掲載します。

IMG_1684.jpg
リフォーム前 
吸排気の煙突が二本浴室内に設置してありました。
タイル張りの浴室です。

IMG_1684_part2.jpg

IMG_1688.jpg
リフォーム中
まずは吸排気の二本の煙突を撤去。

IMG_1692.jpg

IMG_1694.jpg
浴室内はタイルの上に"簀の子"が敷いてありましたので、それらも一度外に出しました。

IMG_1695.jpg
浴室内の浴槽、バランス釜を撤去したところ。壁に入れるホールインワン式のガス給湯器の寸法を取ります。

IMG_1699.jpg
浴室外の吸排気の煙突も撤去します。

IMG_1702.jpg
撤去したところでは穴は雨や風が入らないように化粧パネルで塞ぎます。

IMG_1703.jpg
ホールインワン式のガス給湯器の寸法取したところ。


IMG_1706.jpg
サンダー(カッター)で切れ目をタイルに入れていきます。


IMG_1712.jpg
斫りをしてコンクリート壁が貫通したところ。

IMG_1709.jpg
ホールインワン式の商品はRinnnai製 RUF-HV82SA-E

IMG_1719.jpg
外から観たホールインワン式のガス給湯器の吸排気の箇所

IMG_1721.jpg
電源は浴室の外にコンセントがありましたので、そこから電源引込をすることになりました。


IMG_1723.jpg
ホールインワン式のガス給湯器の専用リモコンを設置しているところ。この後に浴槽をいよいよ搬入します。

IMG_1725.jpg
電源、給水、給湯、ガスの接続をしたところ。

IMG_1728.jpg
リフォーム後
浴槽は搬入し配管変更工事をし、テスト運転をしてリフォーム終了です。
(今回は浴室タイルの張替は施主様のご要望によりしておりません。)

作業時間: 5.5時間
作業人数: 3名

【1】解体撤去工事(既設バランス釜、吸排気トップ、浴槽、外壁カッター入れ開口、斫り解体、収納棚撤去)
【2】ガス給湯器 Rinnai RUF-HV82SA-E + 浴槽 PB-1212VWAL + 専用蓋 TB-120SKL + 専用シャワー水栓 BF-M607-GA + 取付及び配管変更工事(給水、給湯、追い炊き、ガス 一式)
【3】電源引込工事 化粧モール使用
【4】補修工事(外壁開口部、吸排気トップ後)
【5】養生、発生残材処分 一式
【6】諸経費 一式
合計: 38万円以下
















posted by 水まわり専門スタッフ at 21:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バスルームのリフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

Rinnai(リンナイ)のビルトインガスコンロ、"RS31M3H2R" は優れもの!

ガスコンロに交換に関してのお問合せが増えております。管理会社様、オーナー様からの御相談がよくあるケースです。ガスコンロを新しく取り換えたいということです。最近おススメしているのがRinnnaiさんの"RS31M3H2R"です。この機種は非常に優れものなのです。賃貸物件ですと内覧の際に特にお料理される方々にとっては水まわりの一つにこのキッチンの環境というのをチェックしているのではないでしょうか。

写真 1.JPG
三口コンロでお料理楽々です。

写真 3.JPG
便利な機能で火力調整が出来ます。"おかゆ" "湯沸し" "ごはん" と大変にお料理する際にシーンに合わせた調理が可能とい優れものです。

写真 4.JPG
さらに右のコンロでは温度の調整が出来ますので、油系のお料理にもとことんとつかえるガスコンロではないでしょうか。

交換費用についてはコチラ→ビルドインガスコンロの交換・取付・設置に手抜き一切無し!お約束!

当店はビルトインガスコンロの交換費用に関しては一律でございます!
商品+施工費用でご提案申し上げております!



★施工事例ほんの一部だけご紹介!

ビルトインガスコンロ交換工事 大田区





posted by 水まわり専門スタッフ at 15:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

引越し時に防水洗濯パンの排水をつなぐところも持っててしまうというケース

hikkoshi_sentakuban.jpg

これは稀にあるケースですが、賃貸物件で入居者が解約したときに洗濯バンの排水の箇所の部品まで引越し時に持っててしまうというケースです。オーナー様、管理会社様からの御相談で洗濯バンのその"洗濯機用排水トラップ"を持って行ってしまうということがあるそうです。確かに言われてみたら洗濯機を引越し時にはずして持って行ってしまうというケースはあることでしょう。そのような場合は新たに洗濯機用排水トラップを取付けるなどしなくてはいけないのでございますが、その洗濯パンの規格に適合する商品選定をするか、または洗濯パンが古い場合はそのまま交換というケースでございます。たとえば最近ですとドラム式の洗濯機も増えておりますので、各メーカー"洗濯パン"は「ドラム式」という表記をし洗濯パンを販売しております。もちろん、当店は商品 + 工事費用でご提案させていただいております。またドラム式洗濯機といいますと、非常に商品によっては重量がありますので現状によっては下地の補強なども承っております。また排水箇所に観ましては変更も可能です。いろいろと建物を管理されている方にとっては大事な箇所だと思いますのでいろいろと御検討いただきたいと思っています。宜しくお願い申し上げます。

▼洗濯パンの事例 ほんの一部だけご紹介

洗濯機排水改修工事他 杉並区高井戸のK様の御依頼でした。排水管変更工事、床補修と下地補強になりました。




posted by 水まわり専門スタッフ at 21:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 洗濯パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする