住宅設備屋 水道屋さん
蛇口の交換〜リフォームまで御相談、お気軽に!
住宅設備・蛇口交換、トイレ、換気扇、キッチンなど水まわりに関することなら御相談ください。
350_telephone.jpg

2015年05月25日

キッチンレンジフードの排気口の向きについての確認するポイント

前回記させていただきました、レンジフードの交換の際の型番が分からないケースについてということでございますが追記になりますが"幕板"と"排気口"について少々綴ります。よく型番と品番がわからないからというケースでお写真など送っていただく場合に"排気口の向き"というのがポイントになってきまして商品選定をする場合に大変重要なポイントになってきます。

レンジフード2_2015_05025.gif
上記の写真が"幕板"と呼称されるレンジフードにおける板にになります。大抵でございますが、ドライバーさえあれば取外しが用意に出来るケースもございましてその"幕板"を外すと排気口の向きというのが確認ができます。そのよう確認が出来れば商品選定はスムーズになるかと思います。そのお写真(幕板を外したところ)をメールフォームより送信していただけるとスムーズです。よくわからない場合は現場調査は順番にさせていただいております。

2015_05_25_renjifood-1.gif

失敗しないレンジフード交換施工事例!もご覧くださいませ。
posted by 水まわり専門スタッフ at 11:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | レンジフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

レンジフードの交換の際の型番が分からないケースについて

レンジフードの交換工事の際でよくある質問でございます。横幅のサイズが分かるがどの商品が適切なのかわからないというケースでございます。例えばメーカーはわかるがその後継機種というのがわからないという場合についてです。交換を御検討中の方はご参考にしていただけらと思います。

350_image20150419.jpg
上記の写真はよくあるレンジフードの写真です。メーカーはNational(ナショナル)です。パッと見ではどこを見ても型番が分からない為か、レンジフードを交換する際のポイント的なことがあるのですがその辺がわかりにくいという写真です。理由は以下に示していきます。

350_image20150419_part2.jpg

350_image20150419_part5.jpg

上記の写真はそのレンジフードの上部の箇所になります。よくここの場所にシールが張り付けてありそこに型番が書いてあるケースがございます。そこでメーカーと型番というのが把握できるということです。しかし長年使っているレンジフードによっては交換の際にそのシールも読み取れないほどというケースもございます。

350_image20150419_part3.jpg

350_image20150419_part4.jpg
上記の写真はレンジフードの排気の向きというのがあるのですが、それを簡易的に調べる方法についての参考写真の一部です。カバーを開けると排気の向きがわかるというケースがあります。そのようになりますと、横幅が分かり排気の向きがわかれば交換する際に適合する商品選定がスムーズでございます。

よくわからない場合はお電話を頂ければと思います。

失敗しないレンジフード交換施工事例!もご覧くださいませ。

携帯電話からご覧の方はコチラ→失敗しないレンジフード交換施工事例!






posted by 水まわり専門屋スタッフ at 22:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | レンジフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

オフィスフロアの流し台とトイレ部屋のリフォーム

品川区のK様からの御依頼でございました。依頼の内容はオフィスフロアの流し台(ゴミ収納器付)の交換とトイレの内装工事(排水管変更含 トイレ便器・タンクは既設をそのまま使用)でございました。流し台はコンセプトに基づき設計した各種キッチンシリーズを提供ているイースタン工業を今回は現場調査をさせていただいた上で提案させていただきました。以下の内容で合計費用(商品+工事費用)で160000円(税込)程度(もちろん諸経費・残材処分含みます!)です!
詳細は以下に記しますので比較含めてご参考にしてください。よくわからない場合はお気軽にお電話かメールフォームよりご連絡いただければと思います。

★施工前


写真: 流し台交換前


写真: 壁パネル交換前 トイレの壁面のパネルが亀裂



写真: 壁パネル交換前 コンセントがトイレのお部屋にあるのでございますが、そのコンセントのところから別に電源が引込されている状態。

★施工後

写真: 流し台 ES-80R に交換


写真: 便器・タンク取外・取付 + 背板化粧パネル施工完了した後。及びクッションフロア(CF)、ソフト巾木交換、コンセント及び、アングル止水栓交換(KVK製)


写真: 床のCF(クッションフロア サンゲツ製)も綺麗にさせていただきました。

作業時間: 1日
作業人数: 2名

流し台 ES-80R + 流し台交換工事 + トイレ便器・タンク、背板化粧パネル施工 + CF(サンゲツ製)・ソフト巾木・床フランジ交換・雑補修 + 電気コンセント・アングル止水栓交換 + 残材処分・諸経費 = 合計費用(商品+工事費用)で160000円(税込)




























posted by 水まわり専門スタッフ at 10:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マンションのトイレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

洗濯パンを新設するケースについての床あげ施工に関して

DSC_0058.JPG
上記の施工はよくアパートやマンションでの洗濯パンの位置の変更によるリフォームで床の底上げということで施工中の一例になります。オーナー様の立場に立つと入居者のために使い易いお部屋にリフォームをするということがございます。そこで洗濯パンの位置の変更などよくアイデアとして御相談がございます。床あげに関しては洗濯パンを新設する場合には排水管の箇所が床を開口しないとわからないという現状が築20年、30年以上の物件に大変多いです。不在宅の場合ですと床の開口をオーナー様の御許可を頂戴し開口し調べることはできますが、入居者がいる環境では出来ないことが多いです。現状にもよりますが、洗濯パンを新設するという場合は現場調査が必要になってきますので、順番に対応しております。


posted by 水まわり専門スタッフ at 21:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 洗濯パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

品川区 追い焚き機能付きで浴槽はそのままで、壁埋め込み式のガス給湯器(リンナイ)と蛇口(LIXIL INAX)

品川区のA様より追い焚き機能付きの浴室の壁穴埋め込み式のガス給湯器の交換と浴槽専用の蛇口交換の御依頼でございました総額費用(商品+工事費用)は記事下記に記します。

IMG_2492.jpg
施工前: 浴室の引き戸です。現場調査を事前にしていたので浴槽を外す場合でもこの引き戸は取外ししなくても大丈夫ということでした。狭小作業というのが想定されておりましたがサイズをはかり浴槽を一度外さなくてはいけないということです。

IMG_2493.jpg
施工前: 浴室の引き戸を引いたところ

IMG_2494.jpg
施工前: 上記の写真は施工前です。御依頼により浴槽はそのまま使えるので使う、壁穴埋め込み式のガス給湯器を交換し、浴槽に接続してある水栓を取り換えるというご要望でございます。

IMG_2495.jpg
施工中: 上記の写真は浴槽を取外し既設の壁穴埋め込み式のガス給湯器を取り外している最中。

IMG_2496.jpg
施工中: 狭小作業にはなりましたが、浴槽を一度外してからの作業になりました。

IMG_2497.jpg
施工中: 今回新しく取付けるリンナイ製のガス給湯器になります。アパートで入居者もいらっしゃいましたので、その日一日でリフォームできるということで1日で施工を終えるということで入居者さんもお風呂に早く入りたいということでございました。

IMG_2516.jpg
施工中: 上記の写真はガス給湯器から浴槽に繋ぐ為の追い炊きの箇所を浴槽に接続する手前です。

IMG_2517.jpg
施工後: ガス給湯器と浴槽に接続してある蛇口を新しく交換し配管を終えたところ

IMG_2522.jpg
施工後: お湯張り、追い炊き機能など正常に動作するかどうかというテストをさせていただき、入居者様に使い方の説明をし引き渡しさせていただきました。

作業人数: 2名
作業時間: 4.5時間程度

RINNAI RUF-HV82SA-E + LIXIL INAX BF-M607-GA + 交換工事(ガス、給水、給湯、追い炊き、リモコン、浴室用電源配線)+ 残材処分 + 諸経費 = 25万円程度!(直接頼むから余計な中間マージンがカットされます!)
 
posted by 水まわり専門スタッフ at 18:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | バスルームのリフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする