住宅設備屋 水道屋さん
蛇口の交換〜リフォームまで御相談、お気軽に!
住宅設備・蛇口交換、トイレ、換気扇、キッチンなど水まわりに関することなら御相談ください。
350_telephone.jpg

2015年03月18日

洗濯パンを新設するケースについての床あげ施工に関して

DSC_0058.JPG
上記の施工はよくアパートやマンションでの洗濯パンの位置の変更によるリフォームで床の底上げということで施工中の一例になります。オーナー様の立場に立つと入居者のために使い易いお部屋にリフォームをするということがございます。そこで洗濯パンの位置の変更などよくアイデアとして御相談がございます。床あげに関しては洗濯パンを新設する場合には排水管の箇所が床を開口しないとわからないという現状が築20年、30年以上の物件に大変多いです。不在宅の場合ですと床の開口をオーナー様の御許可を頂戴し開口し調べることはできますが、入居者がいる環境では出来ないことが多いです。現状にもよりますが、洗濯パンを新設するという場合は現場調査が必要になってきますので、順番に対応しております。


posted by 水まわり専門スタッフ at 21:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 洗濯パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

引越し時に防水洗濯パンの排水をつなぐところも持っててしまうというケース

hikkoshi_sentakuban.jpg

これは稀にあるケースですが、賃貸物件で入居者が解約したときに洗濯バンの排水の箇所の部品まで引越し時に持っててしまうというケースです。オーナー様、管理会社様からの御相談で洗濯バンのその"洗濯機用排水トラップ"を持って行ってしまうということがあるそうです。確かに言われてみたら洗濯機を引越し時にはずして持って行ってしまうというケースはあることでしょう。そのような場合は新たに洗濯機用排水トラップを取付けるなどしなくてはいけないのでございますが、その洗濯パンの規格に適合する商品選定をするか、または洗濯パンが古い場合はそのまま交換というケースでございます。たとえば最近ですとドラム式の洗濯機も増えておりますので、各メーカー"洗濯パン"は「ドラム式」という表記をし洗濯パンを販売しております。もちろん、当店は商品 + 工事費用でご提案させていただいております。またドラム式洗濯機といいますと、非常に商品によっては重量がありますので現状によっては下地の補強なども承っております。また排水箇所に観ましては変更も可能です。いろいろと建物を管理されている方にとっては大事な箇所だと思いますのでいろいろと御検討いただきたいと思っています。宜しくお願い申し上げます。

▼洗濯パンの事例 ほんの一部だけご紹介

洗濯機排水改修工事他 杉並区高井戸のK様の御依頼でした。排水管変更工事、床補修と下地補強になりました。




posted by 水まわり専門スタッフ at 21:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 洗濯パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

洗濯バンを新たに取付けるというケースの御相談も大変増えております。

この室内に洗濯バンを新たに取付けるというケースの御相談も大変増えております。主にオーナー様及び管理会社様からのご要望でございます。その物件のどこに洗濯バンを取付のかということです。たとえば、今まで賃貸用に貸していたお部屋がありその物件が外に洗濯機を置くというケースがあったようでございますが、室内に洗濯機を置くという事例でございます。これは大変、最近ではよくご相談いただくケースです。もちろん、いくらかかるのか?という点については現場調査をして御見積もりをご提出させていただくケースになります。それと並行して、給排水という工事の箇所が大抵において入りますので部屋を貸すオーナー様も管理されている管理会社さん、不動産会社さんも真剣な箇所ではないでしょうか。この洗濯機を室外から室内に置けるようにするというリフォームというのは、その物件の間取りもございますし、どこにどのようにして洗濯機を室内に置けるようにするのかという点ですね。恐らく、賃貸で不動産物件を探している方々にとっては洗濯機が外に置くなら嫌だとか色々と借りる消費者としてはあると思うのです。引越しや物件探しというはその一人一人にとりまして大事業になりますから物件選びという点については真剣なはずです。いや、特に水回りに関しては皆様、真剣でしょう。だからリフォームし、少しでも長く居心地が良い空間を提供するというのがオーナー様、管理会社様の義務なわけでございます。洗濯機が室外にあるというのは、色々と判断が難しいところでございますが、室内に洗濯機が置けるというのは都内の特に分譲では現在は当たり前のように思えます。室外に洗濯機を置くというのは、洗濯機の劣化があるのではないか。というイメージが消費者にある人はあるというイメージでございますね。ですから、色々と予算の中において工夫しながら水まわりのリフォームをしてニーズに応えていくというのが今の賃貸物件の情勢を観ていると溜まりません。いかがでしょうか。

★施工事例の一部をご紹介させていただきます。
現場によっては下地の補強や、給排水工事の箇所で御見積の価格は変わるリフォーム工事にもなります。



posted by 水まわり専門スタッフ at 11:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 洗濯パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする