住宅設備屋 水道屋さん
蛇口の交換〜リフォームまで御相談、お気軽に!
住宅設備・蛇口交換、トイレ、換気扇、キッチンなど水まわりに関することなら御相談ください。
350_telephone.jpg

2016年04月06日

大田区、クリニックとお稽古場 配管材のカバーはイナバ電工製

大田区のK様からの御依頼でございました。日常の使い勝手を考えての給水管の変更という内容です。工事の金額詳細に関しては記事下部に記します。既設の水道メーターの箇所から分岐をして二つのお部屋(治療院とお稽古場)で使えるようにしたいとのことでした。

20160406_IMG_0108_640.jpg
上記の写真は施工中。(HAKKEN製[株式会社コンセック]のドリルを使用)今回の工事では二つのお部屋の給水管の使い勝手を良くしていくと事です。建物の外から鉄筋コンクリートに給水管を通すための穴をドリルを使い真っすぐに空けていきます。このHAKKEN製の電動コアドリルでは壁側に固定をしつつ穴空けが出来るということと同時に壁に対して気づ付けないという工夫がされています。壁が痛まないというメリットがあります。

20160406_IMG_0108_640_part2.jpg
上記の写真はコアドリル(穴空け)で貫通し室内から撮影したところ。給水管を通す箇所の為、無駄がないように真っすぐに空けます。このような穴を空ける作業でございますが作業時間は一つの穴で30分〜1時間程度(壁の厚さ、材質により異なる)で安全第一に考えて通常は2名以上で行っています。ダイヤモンド切削なので綺麗にまっすぐに穴空け可能。

20160406_IMG_0110_640.jpg
上記写真は使用しなくなった給水管と排水管の配管施工中。

20160406_IMG_0115_640.jpg
20160406_IMG_0117_640.jpg
20160406_IMG_0118_640.jpg
20160406_IMG_0118_640.jpg
上記の写真は水道メーターからお部屋に配管をしている途中です。配管材のカバーはイナバ電工製、給水管は積水化学製。脚立を使用し高所作業含み3名で素早く仕上げていきました。

20160406_IMG_0121_640.jpg
上記の写真は今回の施工のポイントでございます"水道メーター"からの分岐をする前です。非常に隣接している建物があり人が一人やっと入れるスペース。そこの入口を入り水道メーターの箇所の工事を二名でしました。

★水道メーター箇所について
20160406_IMG_0122_640.jpg
20160406_IMG_0124_640.jpg
水道メーターの箇所についてはコンクリートをカッター(MAKITA製工具を使用)を入れて斫りをして新たに今回の施工の分岐をするということで様と建物オーナー様の立ち合いのもとで打ち合わせ通り繋ぎました。

★コアドリルを使用し配管の為の穴空からその後について
20160406_KAMIJYO_OTAKU_STEP1_2_3.gif
上記の図は施工のステップというポイントを記しました。この位置に治療院で使用する為の洗面ボウル(手洗い用)を設置するというとことです。使用した洗面ボウルはTOTO L30D。

20160406_IMG_0126_640.jpg
上記の写真は治療院で使用しなくなった箇所のところに壁面にパネルを張り付け元通りに治療院で使用する物を戻したところ。壁面からの出っ張りがなくなり物が奥までできて収納がしやすくなったということです。

★水道メーターの箇所について

20160406_IMG_0128_640_BARUBU.jpg
治療院とお稽古場の水まわりに関しての繋ぐ大切な箇所です。今回は二方向に分岐が出来るということを現場調査においてオーナー様と一緒に確認し分岐をすることになりました。そこで使用したバルブは"大和バルブ"です。このバルブは非常によく出来ています。片方が使わないというときには建物のオーナー様にとってはバルブを閉めるだけです。さらにこのようにバルブをして分岐を給水に関してすることによって建物を管理するという立場から考えると良い提案ができたとかと思っています。

20160406_BUNKI_KONKURI_HOON_KAMIJYO_OTAKU.gif
上記の写真は水道メータの箇所から給水管に関して分岐をするために行った作業途中と作業後の写真です。:

作業時間: 3日
作業人数: 4名
総額: 40万円程度

▼工事詳細
給水管工事 + コンクリートカッター入れ(makita製工具使用)+ バルブ(大和バルブ)+配管カバー(イナバ電工)+ 給水管材(アロン化成、積水化学)+高所作業

★スタッフより
このような現場では現場調査の上で御見積もりとなりますので、ご心配などございましたらお気軽にメールかお電話いただけたらありがたいです。宜しくお願いします。

20160406_kamijyo_kansei.png

20160406_IMG_0129_640_white.jpg

20160406_kamijyo_kansei.png


posted by 水まわり専門スタッフ at 11:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漏水・配管工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック