住宅設備屋 水道屋さん
蛇口の交換〜リフォームまで御相談、お気軽に!
住宅設備・蛇口交換、トイレ、換気扇、キッチンなど水まわりに関することなら御相談ください。
350_telephone.jpg

2014年11月13日

都内のガス給湯器の交換は場所の関係があるからオーナー様との話し合いと意思決定が重要

職人池田は語る2.jpg
写真: ガス給湯器を取付ける職人池田氏 目黒区 於

職人の池田は語る「都内のオーナ様や不動産会社様と話し合いをしても結局予算の箇所でお風呂のリフォームに関してはどうなのか?」という意思決定の箇所が現場調査して御見積をご提出してもというところであるという、そこでホールインワンという画期的なまだこの言葉はあまりオーナー様の中でも知られていない言葉かもしれませんが「外にガス給湯器を付けなくてもそのままリフォーム可能なので現場調査の時には知らせている。」という。ようするに、今のバランス釜のお風呂がそのまま予算など色々とオーナー様もございますので、出来る限りリフォームするという内容ですね。そこで特に賃貸物件では入居者にとって住みやすい環境にしなやくてはいけないわけです。このバランス釜というのはたいてい人々が今、いろいろな観点で不動産物件を探している情勢ですが、毎日のお風呂という箇所においてお湯を沸かすという作業というのか、手間というかのボタン一つでお湯張りができるのが理想かと思うのです。で、たいてい大手のポータルサイトなどの賃貸物件で目に付くところというのがこのバスルーム箇所だったりするわけですね。ここが非常に消費者にとってポイントでして、バランス釜からホールインワンなどに変えるというのが消費者にとって心地よく済みやすい住環境になるのかという点ですね。意外と、このバランス釜というのは気にする人は気にしますが、気にしな人は気にしませんし、お部屋を提供するとうオーナー様の立場と間に入ってます不動産会社様、管理会社様は特に悩みどころかもしれません。

職人池田3.jpg
当店職人池田は言う「20万、30万円でバランス釜からお風呂が広くなるのならば、自分がオーナーならばそのようにリフォームし多少の初期費用があっても借りたい人に自分がオーナーならば部屋を貸すよ。それで家賃をいただき入居していただけるならお風呂のリフォームなんてあたりまえでしょう。」と。ようするにこのお風呂のリフォーム。特にガス給湯器関係というのは特に分譲マンションなどお持ちの方は非常に悩みどころで、7年、10年、15年に一度のことなのですよ。だからこそリフォーム関しては真剣に考えて毎日の消費者への対しての生活ですから、考えるというのがとても大事かもしれません。

▼施工事例動画 目黒区自由が丘  リンナイ ガスふろ給湯器交換工事






posted by 水まわり専門スタッフ at 12:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック